1杯のコーヒーから広がるダイナミックな世界観へようこそ!スターバックスリザーブ

スターバックス リザーブ®

注文ごとに豆を挽き、コーヒープレスで抽出して
提供されるレギュラーメニューのコーヒーとは
全く別世界の味を演出してくれる

スターバックスの高級ラインシリーズ

そんなリザーブシリーズのコーヒーが大好き

 しかもこのリザーブ取り扱いのお店は限定

日本全国で約1000店舗あるスターバックスのうち
リザーブ取り扱いのある店舗はわずか50店舗ほど

私が一番よく利用させて頂いているスターバックスは幸いにも
リザーブのお取り扱い店 

リザーブシリーズは、季節ごとにコーヒー豆も入れ替わり
年中、旬のいろいろな味が楽しめるのもまたイイ

世界中のコーヒー農園を訪れて、コーヒー生産者との
信頼関係を築きながらユニークなフレーバーや
希少なコーヒーを、現地で丁寧に一つ一つ吟味して選んでいるそうです

スターバックスのコーヒーへのこだわりは徹底してすごいと思う

しかもプレスでいれるとそれぞれの持つコーヒー豆の特徴や
個性が最大限に生かされる気がして


私はプレスで入れるコーヒーが一番好き

リザーブのコーヒーにはこのようなブローシャー(Brochour)がつくので

コーヒーの楽しみがより増すのです!

これは先日頂いた
ウォーレンフォード
ジャマイカ
ブルーマウンテンコーヒー

(希少で入荷量も少なく、しかも人気で
既にこちらは完売!
先日オーダーしたのはなんと私で最後の1杯だったそう


一言にブルーマウンテンコーヒーといっても
このブローシャーを読むと

生産地
農園
加工法
味の特徴
このコーヒーと合う食べ物

などなどが丁寧に書かれている

普段コーヒーを飲むときって、このコーヒーが
どの国で栽培されて、どんな農園でどんな人が携わって・・

といったようなことはほとんど考えない事が多いけど

このリザーブコーヒーを飲みながら
このブローシャーを読むと

今、私の飲んでいるこのスターバックスリザーブコーヒは
〇〇〇という国で
〇〇〇という生産者が
〇〇〇農園で栽培し

スターバックスのバイヤーが丁寧に吟味しながら
厳選されたコーヒーなんだな~

そして私がよく利用する店舗に入荷されて
笑顔のステキな可愛いスタッフさんが
愛情込めて丁寧に淹れてくれる

そんな美味しいコーヒーの状態になって
私の目の前にこうして提供されるまで

一体どれだけ沢山の人々が関わって来たんだろう!?

といった思いが一気に頭の中を駆け巡るのです

これぞまさに「黙って食え瞑想」
ならぬ
黙ってコーヒー瞑想
と私が勝手に名付けています

この黙ってコーヒー瞑想をすると・・・・・

気付けばそこはもうコーヒーという概念の枠を超え

この世の中は全て縁起でつながっているという事を実感

もしも何か一つでも欠ける事があったら
この〇〇農園のコーヒーはココには存在しなかったかもしれない

一杯のコーヒーから広がるダイナミックな世界観

前頭前野が活性化して
思考の抽象度が一気に上がります

スターバックスリザーブコーヒーは
美味しいだけじゃなく、それ以上の情報価値を感じる
素晴らしいメニューなのであります
感謝☆

いつも有難うございます
応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ