視野を広く。どんなに広げでも広すぎることはない!

今シーズン最も強い寒気団が来ているようですね。
北日本の一部では猛吹雪など、大荒れの天気・・・
10日朝にかけても続くようなので皆様どうかお気を付け下さい

さて昨日は「抽象度」についてお話ししました。

私は松下幸之助さんの

道をひらく [ 松下幸之助 ]
¥939
楽天

を時々、読み返しているのですが
今日も何気にふと手にとって開いたページが
昨日の「ゴールの抽象度は高ければ高いほうがいい」
に通じるお話でしたので、是非紹介させて頂きたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------
視野を広く

世の中は広い。その広い世の中を
狭い視野ですすめば行きづまる。人生は長い。
その長い人生を、狭い視野で歩めば息が切れる。

視野の狭い人は、わが身を処する道を誤るだけでなく
人にも迷惑をかける。

だから、お互いの繁栄のために、お互いの視野の角度を
グングン広げなければならない。
十度の視野は十五度に。
十五度も人は二十度に。

もっとも、百八十度まで広げて見ても、
それでもようやく、ものごとの反面がわかっただけだから、
ほんとうは、グルリと三百六十度を見わたさなければならない。
それが、真の融通無碍、つまり解脱というものではなかろうか。

だが、なかなかこうはいかない。百八十度も広がれば
たいしたもので、普通は、せいぜい十五度か二十度ぐらいの視野で、
日々を歩んでいるのではなかろうか。
だから争いがおこる。悩みが起こる。
そして繁栄がそこなわれる。

視野を広く。どんなに広げでも広すぎることはない。
おたがいの繁栄と平和と幸福のために、だれもが
広い視野を持つように心がけたいものである。
-----------------------------------------------------------------------------

以上
幸之助さんの「視野を広く」がイコール
「抽象度を上げる」ですね。

視野を広く、抽象度を上げて俯瞰すると
色んな課題や問題が見えてきます。

そしてそれに伴う解決策というものも見えてきます。

成功者は常に360度の視野で俯瞰し
世界レベルの高い抽象度で思考し続けているんですね。
続・PHP道をひらく [ 松下幸之助 ]
¥939

 

いつも有難うございます
応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ