超瞑想でなりたい自分になって夢を叶える!

まだまだ寒い日々が続いておりますが、随分と日が長くなり
春が近づいてきていることを感じる今日この頃
春を感じるとなんだかワクワクします

さて今日も瞑想に関するお話しです。

 

■瞑想の定義
「瞑想」とは、一般に、足を組むなどして座り
目を閉じて心を落ち着けるなどの行為全般を言うもの。
たとえば『広辞苑(第六版)』では、「めいそう【瞑想・瞑想】」の項にて
「目を閉じて静かに考えること。現前の境界を忘れて想像をめぐらすこと。」
などと説明されています。

一言に瞑想といっても瞑想の歴史は非常に古く
遡る事今から約五千年から三千五百年前
インダス文明の遺跡モヘンジョダロから人が瞑想を行ってい
るような姿が刻まれている印章が発見され、これが起源となっている
と言われています。
瞑想とは古代インドから継承され様々に発展してきた、宗教的修練法の一つ。

宗教的ではなくても今では、メンタルを強化したり心を落ち着かせたりする為の
ものであったり。またスティーブジョブズをはじめとする、世の中のいわゆる大いな
る成功者達も実践したりと、特にここ数年「瞑想」が非常に注目されてきています。

 

■超瞑想法とは?
今回ご紹介する苫米地博士の提唱する瞑想は、上記の概念とは
一線を画するもので
超瞑想法」と定義されています。

超瞑想の思想や概念は、お釈迦様の説いた
」がベースとなっています。
「空」とは何もない、とか空っぽといったような事を
イメージするかもしれませんが「空」とつまり
縁起」と言い換える事も出来
それはこの世の中に存在するありとあらゆるものが
網の目の様に繋がった関係性(ネットワーク)の事。
どんなものにしても、それ単独で存在することは出来ず
様々な事が繋がり、関係性を持って存在しています。

例えば目の前にあるペットボトルの水が今はあっても
数分後に飲んでしまえばそれは身体の一部に取り込まれ
ペットボトルの水としての存在は無くなってしまうものです。
ただし、身体の中に取り込まれた水は、生命を維持していく上で
重要な役割を果たしたことにもなります。

そしてまた目の前に置かれたペットボトルの水は
ここまでたどり着くまでに

・運んできてくれた人、コンビニやスーパーへ納品する業者、従業員
・ボトルに水を詰めた業者、飲料メーカの従業員
・ペットボトル業者、それに関わった従業員
・その昔ペットボトルの開発に携わった人々

などなど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペットボトルの水一つとってみても、ありとあらゆる人々や関係性で繋がって存
在していることに気づきます。
空や縁起は過去・現在・未来、時空を超えて宇宙全体に広がる関係性全てを包摂
する概念。

 

この空の思想をベースとし
超瞑想とは自分の心をコントロールして
自分や世界を形作っている関係性の
ネットワークを変える事で、自分や世界のあ
り方を自由自在に変えてしまう事と
苫米地博士は定義しています。

 

コーチング的に解釈すると
現状の外側にゴール設定する事によって
過去の経験や知識、情報に生きてきた
世界の中での関係性、ネットワークから
新たなゴール側の世界、関係性に自ら気づき
関係性を変えていく事によって
望む自分となり、そしてゴールを達成
していく為に超瞑想をしましょう!

という事でもあるのです。

 

 

超瞑想については、まずはベースの思想を理解した上
で実践する必要があるものですぐに習得できるもの
かといえば、そうでも無いと思います。
頭で理解し、超瞑想トレーニングを重ねる事によって
自ら体感して初めて理解出来るものです。

 

苫米地博士はよく24時間リラックスして瞑想状態が
ベストとよくおっしゃられています。
日頃、この言葉を意識しながら更に超瞑想トレーニングを
強化して行きたいと思う今日この頃でございます。


いつも有難うございます
応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ