3月がスタート!来週の華やかなウィメンズマラソンに向けて新たなゴールを設定しました

3月がスタートしましたネ
日本では旧暦3月を弥生と呼び
現在でも新暦3月の別名としても用いられています

弥生の由来は
草木がいよいよ生い茂る月

「弥」には、いよいよという意味、
「生」には生い茂るという意味があります

他に、花月(かげつ)、嘉月(かげつ)
花見月 (はなみづき)、夢見月(ゆめみつき)
桜月(さくらづき)、暮春(ぼしゅん)
等の別名もあります

いずれも3月の別名は、なんだか心がワクワク
心躍るような感じ

花見月とか桜月とか。。。色はピンク色
女性的なイメージを連想させますね

そんな女性的な弥生の月にふさわしいスポーツイベントといえば

名古屋ウィメンズマラソン
女性だけの大規模フルマラソン大会



世界最大の女子マラソンとして「ギネス世界記録」に認定されています


完走者はティファニーのネックレスが贈られる

という事もあって大変人気のレース宝石ブルー

いよいよ1週間後の3月8日に開催されます

私は2012年の第一回、2013年の第二回大会
と連続出場

第3回大会から抽選制度になり、昨年は残念ながら落選につき
同日に開催される名古屋シティマラソンハーフに参加しました

今年はチャリティーエントリー(※)にて早いうちに
参加権をゲット

※ プラス5,000円のチャリティ費を
追加で支払えば、チャリティ枠範囲内のうちのエントリーであれば
抽選なしでエントリーできるというもの


ということで今日は午前中は、ウィメンズマラソン前
最後のロング走トレーニングで、愛知池コース
30キロ弱をゆっくり走ってまいりました

マラソンは昨年12月のNAHAマラソン以来
久しぶりのレース

いつもそうですが
42.195キロは、私にとっては簡単な距離ではありません

マラソンレースはもう12回ぐらい走っていますが
毎回、この42.195キロという距離の中で
沿道の方々の暖かい応援で励まされ
走ることに喜びを感じながら
楽しい、嬉しい、という感情が沸き起こり

一方で、距離を重ねるごとに疲労が蓄積・・・
マラソンレースの30キロとか35キロの壁にぶち当たり
辛い、苦しい、という感情も生まれたり

こうして走れていることに感謝の念が湧き
両親をはじめ、家族や身近な周りの人々の事を
思い浮かべたり

私の場合、本当に色んな感情が渦巻くマラソン

やはり走っている時って、自らと向き合いながら
色んな事を観察しているんだな、と思います。

自分の状態や感情を高い抽象度から見る

今年は更に抽象度を上げて、沸き起こってくる
色んな情動をしっかりと見つめて向き合ってみようと思います

このブログでもちょくちょく紹介させてもらっている
瞑想ジョギングのマラソンバージョンですネ

自分自身を正しく見る事で、また新たな何かが
見つかったり、ひらめきや発見が出来そうなそんな予感です

いつもそうですが、ゴールのゲートをくぐった時の
感動といったら・・・
それはそれは大変感慨深いものです

ということで今回のマラソンに向け、
情報空間におけるゴールを設定しました

いつも以上に意識して抽象度を上げ
自分自身の内面と向きいあい(瞑想)
42.195キロの中で沸き起こる情動を
しっかりと見つめ
新たな自分を発見する

前頭前野をフル活動させ
とにかく楽しんで走り
いつものように笑顔でゴール


今年のウィメンズマラソンはこれで行きます
 
いつも有難うございます
応援クリックどうぞ宜しくお願いします。

いつも有難うございます
応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ