ドリームキラーを撃退しよう!

コーチング用語でドリームキラーというのがあります。

ドリームキラーとは?
その名の通り「夢を殺す存在 の事です。

例えば子供の頃、大人に自分の夢を語った時、それを否定された経験があるとしたらその大人はドリームキラーです。ドリームキラーは夢だけを殺すのではなく、その人の人生も失わせてしまうのです。

人は夢やゴールがあってはじめて人生の意味を見出すものですから。
従って自分の思い通りの人生とする為にはドリームキラーから自分自身を守らねばなりません。
その方法は至ってシンプルです。

 夢やゴールを人に話さない事です。

きちんと訓練を受けたコーチなど以外にはゴールを話さないようにすればそのゴールを否定されることはありません。

コーチは決してその人の夢やゴールを否定することは無く、むしろそれを達成するための最大のドリームサポーターですから。

ただし最大のドリームキラーはもしかすると、自分自身かもしれません。幼いころから「あれはダメ、これはダメ!」と、やりたい事を否定されたり・・・

学校教育もそうですね。過去から今現在の学習能力に応じて、受けたい学校があっても、今のレベルでは無理。レベルに応じた学校を受けなさい。とアドバイスするのが一般的ですので、私たちは幼いころからドリームキラーに囲まれて育っている人がほとんどなのです。

そのように外部からネガティブな会話を無意識に刷り込まれてしまっているので、「そんなこと無理!」「出来ない!」とネガティブ・セルフトークをしてしまう癖が私たちにはついてしまっているのです。

このネガティブ・セルフトークがドリームキラーとして機能してしまったらそれはもう自分自身がドリームキラーになってしまうという訳です。

外部のドリームキラーを防ぐには、自分の夢やゴールを語らなければいいですが自分自身の内に存在するドリームキラーを撃退するためには・・・ポジティブ・セルフトークをする事なのです。

人間は無意識にネガティブセルフトークをしてしまっていることにあまり気づきません。
自分自身を客観的に見ない限りは・・・

意識してセルフトークを観察してみましょう。

ネガティブなセルフトークをしてしまっていたら
「私はダメだ。。。」と決して否定してはなりません。

「あ。私らしくないな。今度はポジティブな言葉に置き換えてみよう」と考えれ
ばOKです。ネガティブな映像が浮かんだら、今度はそれをポジティブな映像に置き換えればいいのです。ポジティブ・セルフトークとあわせて、アファメーションも非常に効果的です。


アファメーションとは、自分がなりたい姿や状態を現在進行形で自らに語る事です。アファメーションはまず紙に書き出します。
そしてその次に声に出して読み上げます。これを1日のうちに、数回実施すると徐々に自分の潜在意識にその望ましい状態が刷り込まれます。
そうすることで自らのドリームキラーを撃退し、夢へますます加速できるのです。

ゴール達成のためには、内なるドリームキラーを徹底的に退治し
外なるドリームキラーから自分を守りましょう


いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ