正しくコンフォートゾーンを設定すると無意識が勝手に動き出す!

今週も雨続きでしたが今朝はとっても晴れて気持ちのよい朝ラブラブ音譜





お気に入りの愛知池のランニングコースを走ってきました


今日はコーチングにおいて、とても重要な概念
コンフォートゾーンについてのお話です
!!






私ごとですが、ここ最近ちょっと体重が増加傾向にあり・・・
毎朝、体重を量っているのですが、理想とする体重から
外れてしまっているので、
なんとなく違和感を感じている今日この頃でした汗あせる

そう。私自身の体重における
コンフォートゾーンから
外れてしまっているので違和感を感じるのです。

何事においても
コンフォートゾーンから外れてしまうと
居心地が悪くなるものです
叫び

この違和感がコンフォートゾーンに戻ろうとするエネルギーとなる訳です
ひらめき電球

この場合で言うと私が設定している
あるべき理想の姿(=体重)
から外れてしまったので
脳は「おお!これはちょっと違う!」
と認識し無意識的にコンフォートゾーンに戻すためにいろいろと
働きだす訳です
グッド!

それは例えば、食事の量を調整したり
運動の量を増やしたり
ストレス性による食べ過ぎの傾向であれば
そのストレスの原因を突き止めて解放するとか・・・


ただし、そのコンフォートゾーンというのは
正しく設定しない限り、現状維持にとどまろうとするので
要注意です
ひらめき電球

コンフォートゾーンとはつまり
慣れ親しんだ環境の事

コーチング理論においては
まず初めにゴール設定をしますアップ

そのゴールというのが体重◯◯kgであったり
引き締まったバランスのとれた体型であったり

そしてゴール設定においては
理想とするダイエットに成功した自分の
姿を臨場感イメージを持って映像化する事がとても重要
ひらめき電球

理想的なプロポーションで、オシャレなファッションを楽しみ
理想的な男性とデートする姿などを、今の自分がまさに
そうなっているように強くイメージするのです
!!

これがコンフォートゾーンとなれば
ダイエットゴールに向けてやるべきことが明確になりますね

・食事制限
・甘いものを控える
・運動
などなど


さて私の場合、コンフォートゾーンに戻るために
ジョギング!走る!というプログラムが脳に
インストールされているので特に体重増加傾向にあり
コンフォートゾーンから外れてしまった
時には、いつもよりも距離を多く走ったりします

食事も食べ過ぎた翌日には、無意識的に
食べる量を少なくしたり
DASH!

脳が勝手に調整してくれるのです
グッド!

ゴール設定においては、現状のコンフォートゾーンから
思いきりゴール側の理想とするコンフォートゾーンにずらす事

脳は臨場感の高い方を現実・リアルと認識するので
現状とゴール側のコンフォートゾーンが異なると
「これは違う!」と認識して、勝手にそのコンフォートゾーンに
なるべく、無意識が動き出すのです
!!

ゴール設定と理想の姿を臨場感イメージを
持って強めてコンフォートゾーンを思いっきり
ずらしましょう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ