四聖諦:苦・集・滅・道からの「幸せ」について

今日は仏教的な「幸せ」について考えてみたいと思います

幸せになる事=仏教の目的でもあります。

仏教の教える「幸せ」については
四聖諦」(ししょうたい)という大きく四箇条で語られます。

四聖諦とは

 

 

1.苦(く)
2.集(しゅう)
3.滅(めつ)
4.道(どう)


 

 

 


1.苦諦=苦しみのこと。

 

この世は楽であると勘違いし、不幸にさいなまれている人に
この世はすべて苦であること示すために第一に説かれました。

 

2.集諦=苦しみの原因のこと。

 

苦しみは自然に生じてくるものではなく
その原因は渇愛にあることを示すために第二に説かれました。

 

3.滅諦=苦しみが滅する状態(涅槃)のこと。

 

渇愛の滅が苦の滅であり究極の幸せであることを示すために第三に説かれました。

 

4.道諦=苦しみを滅するための方法のこと。

 

苦を滅するためには、正しく修行を実践する必要があることを示すために第四に説かれました。

最初の「苦・集」では、心が汚れていく、つまり、苦しむ悩む仕組の説明

つまり「苦しみがある、それには原因があるから」

苦(結果)←集(原因)

という関係です。

仏教の特徴はこの因果関係を利用して、苦から解放することが可能と説いている点です。
その脱出方法を説明する前に、因果関係によって苦悩を引き起こしているということを、四聖諦の前半では説明されています。

そして、仏陀は苦悩を引き起こす原因を「執着(しゅうちゃく)」であると見抜きました。
原因のもう一つに「無明(むみょう)」もあります。
執着にしても無明にしても、これらが原因で苦悩を引き起こすということを見抜いたわけです。
 

簡潔にまとめると・・
四聖諦の前半では、「執着があるから苦を引き起こす」という真理を述べています。


では四聖諦の後半 

「滅・道」

苦を滅することができます、それは八正道を実践すること

「心を浄めることはできます、それは八正道を実践すること」と
救いの「方法」を説いています。 

滅(結果) ← 道(原因)

救いの因果関係です。
四聖諦の

後半は救いの真理です。そしてこれが仏教の実践になってきます。

四聖諦は
・前半が苦しみの真理、
・後半が救いの真理、
というような二段構成から成る論理形式となっています。



つまり人間とは、生きることそのものが苦である
その中で執着すればするほど苦しみが生まれる

執着やこだわりを出来るだけ無くせば苦しみから
逃れられ、それこそが幸せの状態
幸せになるためには仏教が教える心やマインドの使い方を
しっかりと意識して、日々の生活に生かしていきましょう

ということですね。

仏教の教えは他の宗教とは異なり
ロジカルに語られているのでとても理解しやすいですね。

いずれ近いうちに「八正道」についても述べたいと思います。




いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ