情動コントロールは前頭前野を活性化させる事!

今日は「情動をコントロールする事」について考えてみたいと思います。


まず初めに情動とは何?

情動とは・・

生体に入力された感覚刺激への評価に基づいて生ずるもの

1.生理反応(自律神経系、免疫系、内分泌系の反応)
2.行動反応(接近、回避、攻撃、表情、姿勢など)
3.主観的情動体験

の3要素からなります。

情動の種類は、喜怒哀楽や恐怖・不安などの基本情動から
高次の社会的感情(嫉妬・困惑・罪悪感・恥など)までの多岐に渡ります。

この情動をコントロールする事はとても重要!!

情動優位になってしまうと、情動に
とらわれてしまい、自分自身を見失ってしまう事もあります。

例えば「怒り」の情動が発生した時。
情動優位になっていると、いつまでも怒りの感情から
抜けられず、イライラして思考がストップしたり
時としては、他人を巻き込んで攻撃したり

自分をコントロールできなくなってしまいます。

また、情動が優位だと他人からもコントロールされやすくなるという事でもあります。
内部表現を簡単に書き換えられてしまうということ。
強引なセールスなど、恐怖心をあおって情動に訴えかけ
知らない間にその気にさせられて(洗脳されて)
物を買わされる・・といった事例はよく聞きますよね。

さてその情動の基盤となる神経回路は
扁桃体
一方で、理性的な思考や創造性を担い
脳の最高中枢と考えられ、生きていくための意欲や
情動に基づく記憶実行機能などをつかさどっているのが

前頭前野
つまり脳全体の司令塔です。

情動をコントロールするためには
この前頭前野を活性化して上手く使うという事がキーになります。



前頭前野を活性させるためおススメなのは・・・

有酸素運です

運動そのものが脳を複雑に刺激して脳を鍛える効果があるのと、
運動後に脳細胞を増殖させたり保護してくれる
脳由来神経栄養(BDNF)という物質が分泌されるそうです。


ウォーキング、ジョギング、ランニング等
リズムを刻むが効果的です音譜

 

 

前頭前野を活性化させ
思い通りに自分をコントロールし
ハッピーライフを送りましょう‼️


いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ