物理空間と情報空間で超並列処理を実現♪

先日、冒頭ジョギングについて書きましたが
今日も走る事からの並列思考について書きたいと思います

私のジョギングパターンはこんな感じです

土曜日は走りながら
① 金曜日に見れなかった(聞けなかった?)ニコ生、お気に入りチャンネルをiPhoneで聞き
② 未来の某企画等々、情報空間上でプランニングしつつ一人会議且つディベート

物理空間上ではジョギング(=運動)
情報空間上では①と②二つの事を並列処理しながら楽しんでます
 

ジョギングなどのような、リズムを刻む有酸素運動中は
やる気・モチベーションをUPさせたり「快」や「楽しい」を促す
ドーパミン効果により、リラックスして思考力が向上するため
ひらめきやアイデアが浮かびやすく、私にとっては走るのみならず
考えをまとめたり瞑想したりと、色んな意味でとても貴重な時間


並列思考はPCで言うバックグラウンドプロセッシングのように
複数タスクを並列で処理するように、人間の脳も複数の神経回路で
同時に並列処理が可能になります

私の場合はランニング中、特にCPU機能が向上するようです(笑)

いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ