ゴール達成の為に「エフィカシーが高くなければならない理由」

コーチング理論において、エフィカシー
と言う概念はゴールや目標設定と同じぐ
らい非常に重要な事です



こちらは東山動物園のライオン君

 

エフィカシーとは、自分自身のゴール達成能力に対する自己評価の事。

 

カナダ人の心理学者:アルバートバンデュラ博士によって提唱された”self-efficacy”=自己効力感がベースとなっています。

 

 

 

 

 

自己効力感とは、自分が行為の主体であると確信していること。
自分の行為について自分がきちんと統制しているという信念。
自分が外部からの要請にきちんと対応しているという確信。
自己に対する信頼感や有能感のことです。

 

 

何かの行為に対して「自分はちゃんとできる、やれている」
「自分ならできる」といったセルフイメージのこと。

エフィカシーは、人が行動を起こす際にとても大きな影響を及ぼします

 

 

同じ事柄に対しても、エフィカシーが高い人は「私にはきっと出来る!だからやってみよう!と、即座に行動に移ることが出来ます。

 

 

一方で、エフィカシーの低い人は「私にはとても出来そうにない」と思って、やる気も出ないためなかなか行動に移ることができないという傾向があるのです。

 

 

人間というのは、何か行動を起こそうと思ったとき、行動に対してエフィカシーというフィルターを通して「できそうか?」を判断します。

 

 

日々の簡単な事から、人生をかけた大きなチャレンジまでエフィカシーはとても大きく影響します

エフィカシーが高いと、自分が設定したゴールに対して確信が持てるため、
極めてポジティブな気持ちで行動します。

 


従って、目標やゴール達成の確率がとても高まるのです

目標を達成すればまたエフィカシーが高まり、成功体験をたくさん重ねる事になりポジティブなスパイラルが発生しやすくなります。

 

 

エフィカシーをいかに高めていく事が、モチベーション向上から人生におけるゴール達成まで決めていく出発点なのです。

エフィカシーは高ければ高い方が絶対に良いという理由がこれで理解出来ると思います。

 エフィカシーは常に高く持ちましょう


いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村


自己啓発 ブログランキングへ