身体にはあなたの思考が表現されています。あなたの身体の症状に隠れた認めまいとしている感情とは?!


今日は心と身体の関係性について書きたいと思います 


過去記事:心(情報)と体(物理)は連続性で繋がっている。アインシュタインの名言から考える真の健康とは!?
の中で

「体と心は別のものではない。同じものを二つ
の違った方法で見ているにすぎない。
同様に、物理学と心理学は私たちの経験を
一緒につなぐ系統立った思考による違った
試みにすぎない。」

天才アルベルト・アインシュタインの名言から

心と体は切っても切り離せない。
連続性があり、繋がっているもの


肉体レベルで何か痛みなどの症状が発生したり
病気になったりした時
痛みや病状を取り除くことだけでは、根本的な解決にはならない
何故、その痛が発生しているのか?
何故、病気になってしまったのか?

と言った様に発生源、要因、根本的な原因から突き止め
そこを解決しない限り、真の健康を手に入れることはできない

根本原因とは、マインド、心、メンタルな側面において
抱えているストレスである場合が多い。

従い、本当の意味での健康を取り戻すためには
東洋医学的にホリスティックに
心と体、両方の観点から徹底的に見つめ直し
全体のバランスを調整していくことによって
はじめて真の心と体の健康を手に入れることになる。

と言ことについて書きました。
------------------------------------------------------

「身体にはあなたの思考が表現されています。
今、あなたの身体の症状に隠れた
あなたが認めまいとしている感情とは
どのようなものでしょうか?」

過去からずっと押さえつけてきた感情

つまり表現されないままの感情というのは
いつしか身体のどこかに住みかを見つけてしまい
これが肉体レベルでの病気発症につながる条件の一つ。

否定的な思考や感情、情動をのみ込み続けていると
やがてその思考にのみ込まれてしまうかもしれません

・もう大人なんだから、〇〇であるべき!
・社会人なんだからそんなみっともない事しちゃダメだ
・会社での肩書や、その立場上それにふさわしい行動をしなくては!
・とにかく人からは良く思われたい!
・女なんだから、〇〇はダメ
・男なのに、〇〇なんてみっともない

ずっと過去にのさかのぼり、親、先生、学校で教育されてきた事
また入社して上司などから受けた指導

私たちは、この様に他人からの言葉によって
自らの考えや行動性向を築き上げてきます。

そんな成長過程において、人々は自分に対して
上記に書いたような

~ ねばならない
~ であるべきだ
~ してはいけない

といったように無意識に自らに制限をかけてしまっているのです。
と同時にあらゆる感情や情動を押さえこんでしまっているのです。

これが「身体はあなたの思考が表現されている」
「身体の症状の隠れたあなたが認めまいとしている感情」
と言うこと

自分の気持ちに素直になり、感情を率直に表現出来るようになれば
肉体的にも精神的にももっともっと健康になれるのです。

病気の症状というのは、私たちの暮らしや思考、行動性向に
どこか変えなくてはならない点がある、という潜在意識からの
メッセージとも言えるのです。

もしも身体的な症状や違和感を感じているのなら
そこから目をそらすべきではないのです。
身体が訴えることをしっかりと感じてみるのです。

その症状に関係する感情をまずは解放してあげるのです。

仕事や家庭生活等など普段忙しい毎日を何気なく送っていると
自分自身を省みることをついつい忘れてしまいがちですね

そんな時に身体のどこかに痛みや違和感が発生したら
そこだけを取り除くのではなく、
なぜそうなってしまっているのか?じっくりと考えてみるのです
自分自身の感情、情動を押さえつけてしまっていないか?

自分自身の感情・情動としっかり向き合いましょう
心の声、潜在意識からのメッセージにしっかりと耳を傾けましょう。

1日のうちに30分でも20分でも10分でも
一人の時間を作って瞑想しましょう


いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村