コーチの立場として周りの人の「言葉づかい」を観察してしまう・・・!?


私はコーチと言う立場上、たとえクライアントさんでなくても
たまたま近くに居合わせた人などでも、その方が発している
言葉、会話についつい聞き入ってしまう傾向があります

(へ~!なるほど・・・この人、こういう口癖だから、こうなんだな~。納得!)
(ああー。やっぱり。そういうこと言ってるから、周りの反応もそうなんだよね・・)

な~んて、一人分析ごっこ(笑)


 パフォーマンスエンハンスメントコーチングでは
クライアントさんをコーチングする時、最も注目すべき点として
クライアントさんが発している「言葉」や「セルフトーク」を聞いたりなど
観察しながら、その方の現状分析をする
という事をやっています。


コーチとしてクライアントさんが目指されるゴールの方向へ
導くためには、まずご自分でその方の現状に気づいて頂く
必要があるからです


以前、2015年6月20日の記事
     
セルフトークの重要性  で書きましたが

自らが発する言葉づかいやセルフトークが
その人自身の現状を決定している訳なので
現状を変えたい!と言った場合、まずは
言葉づかい、セルフトークを変える必要があるのですね


先日、とある専門分野を目指している
お友達との会話の中で気づいた言葉の傾向というが

「そんなのムリムリ!」
「私、基本的にネガティブなんですよー」

でした。

実にモッタイナイ!

自分の言葉で自ら制限をかけてしまっているのですから


その言葉をちょっと別の良い方に置き換えてみようネ!
と、直接的ではないにしても、アドバイスさせて頂きました


そのような観点で色んな方々とお会いすると

本当はもっともっと才能を伸ばせるのに・・・

本当はもっともっと楽に生きられるのに・・・

本当はもっともっとリラックスできるのに・・・


と言った人たちが実に多いんですね

私も過去は上記のように、楽に生きるのがちょっと苦手でした

しかし人間の本来持つマインドの仕組みを知って
あるコツをつかむと、それがス~~~っと楽になって
望む通りの人生が送れる様になるんです


一人でも多くの人に、少しでもいい方向へ
少しでも変わって頂けるように
心からサポートさせて頂きたい
パフォーマンスエンハンスメントコーチ
安藤智子です



いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村