セルフトークの大半がネガティブである理由とは!?

いよいよ本格的な日本特有の夏?猛暑?到来と言った感じですね。
水分補給をこまめにとり、熱中症対策しましょう!



 
さて、今日もセルフトーク、ひとり言に関するお話しです

本ブログでは、この「セルフトーク」の重要性について
よく書かせて頂いております。

セルフトークはその人自身・自我を作り上げるもの。

無意識でぼそぼそつぶやいたり、心の中で自分に語りかけたり・・・

一見ささいに思えるセルフトークですが、これは
過去の失敗を何度も体験したのと同じぐらいの
強烈なインパクトを持つわけです

セルフトークの大半は、ネガティブな内容です。
何故、セルフトークがネガティブになってしまうか?と言うと・・

人間というのは、たいていネガティブな事が記憶に強く残るからなのです。
その典型が学習。

人間の学習は失敗から生まれます。
試行錯誤し、失敗の積み重ねの中から
成功をつかみ取ります。

脳研究の成果からも、学習とは失敗とそれを
修正しようとする調整の繰り返しの事です。

ほとんどの人が、成功した体験が強い情動記憶として
残らないことから、ポジティブセルフトークにはならないのです。

その意味で、現実世界は失敗の結果であると言えるのです。
従って、失敗の結果から抜け出し、ネガティブなセルフトークを
解消することが大切になります。

まずは、自らのセルフトークをマネージメントするのです!
コントロールするのです!

今まで無意識で行ってきたセルフトークを意識に上げてみるのです。

それがいわゆる、視点を一つ上に上げる=抽象度を上げる
と言うこと。

自己を観察するのです。

何か上手くいかない事や失敗した時・・・

「しまった!自分は何をやってるんだろう!
こんな自分じゃだめだ。。。なんてバカなんだろう!」

こんな風に一人で思ったりつぶやいたりしていませんか!?

これぞネガティブセルフトークです。

でも大丈夫です。
ネガティブセルフトークに気付けたらもう、こっちのものです。

すぐに別の言葉に置き換えてみるのです。
修正するのです。

「あ~!もう、僕(私)らしくなかった・・・。
次からはもう大丈夫!必ず出来る!」

と言った感じで。

そうすると、もう既にさっきのネガティブセルフトークが
新しいポジティブな言葉によって上書きされ、もうそれは
無かったことにしてしまうのです

自分自身を観察する
止観する

大切な事ですね

無意識で行っていたセルフトークを
ちょっと意識に上げてみましょう。

ネガティブセルフトークがポジティブセルフトークに
変わったころには、驚くほど色んな事が変わっているはずです!

なりたかった自分になっているかも!
目標が達成しているかも!!

いつも有難うございます

 応援クリックどうぞ宜しくお願いします。
    

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村